マインクラフト統合版

【マインクラフト】植林場と木の育て方【統合版】

アイキャッチ画像

木材は建築からクラフトまで幅広く使用するアイテムで、用途が多い分かなりの数が必要になってきます。

植林場を作っておけば木材が必要になったときに探しに行く手間を省くことができとても便利です!

また木は6種類あり、それぞれ色が違い育ち方や植え方も変わってくるのでそれぞれ解説していきます。

植林場ってなに?

植林場は木の成長する高さや葉っぱの付く位置を制限ブロックでコントロールしたり、苗木を植える間隔を調整して木材を効率よく集めるための施設です。また自動化を目指す上でも役に立つことなので覚えていて損はないですね!

制限ブロックと光源

制御ブロック

制限ブロックとは苗木から木になるときの成長をコントロールするためのブロックです。

制限ブロックに使用するのは敵MOBが湧かないガラスブロックがおすすめです。

光源

たいまつや光源ブロックを使って室内栽培や夜の成長を促進しましょう。

樫の木

樫の木の制限ブロック画像
  • 苗木を植える間隔は3マス空けて4マス目
  • 高さの制限ブロックは地面から9ブロック目に設置
  • 横の制限ブロックは苗木から2マス横の高さ4ブロック目に設置

高さの制限ブロックを9ブロック目にすることで枝分かれしないようにコントロールしています。制限ブロックが10ブロック目だと枝分かれしてしまうので伐採が面倒になります。

樺の木

樺の木の画像
  • 苗木を植える間隔は3マス空けて4マス目
  • 高さの制限ブロックなし
  • 横の制限ブロックなし

樺の木は枝分かれせず、高さも段差なしで伐採できるので制限ブロックなしでOK!植林場に相性抜群の木です。

アカシアの木

アカシアの木の制限ブロック画像
  • 苗木を植える間隔は4マス空けて5マス目
  • 高さの制限ブロックは地面から10ブロック目に設置
  • 横の制限ブロックなし

アカシアの木の成長はランダム要素(枝分かれの方向)が強いので高さの制限ブロックのみで対応。苗木の間隔が狭いと枝分かれ次第では成長が阻害されるので苗木の間隔は広めに取りましょう。伐採が面倒なのでクラフト用に木材を量産するなら樫や樺、トウヒなどを植えた方が効率的です。アカシアの色味が欲しいときに必要分を植林しましょう。

トウヒの木

トウヒの木の制限ブロック画像
  • 苗木を植える間隔は3マス空けて4マス目
  • 高さの制限ブロックは地面から10ブロック目に設置
  • 横の制限ブロックなし

横の制限ブロックでの制御はできません。高さ2マス目の葉っぱブロックを制御しようとすると成長を阻害してしまいます。

トウヒの木の巨木

トウヒの木の巨木画像
  • 苗木を2×2で4つ固めて植える
  • 苗木を植える間隔は5マス空けて6マス目
  • 高さの制限ブロックなし
  • 横の制限ブロックなし

らせん状に伐採する

巨木のらせん階段画像

らせん状に登っていくことで足場を設置せずに伐採することができます。降りるときに残りのトウヒを伐採しながら降ります。

トウヒの木は成長すると付近の地面がポドゾルに変化するので建物付近など景観を損ないたくない場合は注意しましょう。

ジャングルの木

ジャングルの木の制限ブロック画像
  • 苗木を植える間隔は3マス空けて4マス目
  • 高さの制限ブロックは地面から10ブロック目に設置
  • 横の制限ブロックは苗木から2マス横の高さ4ブロック目に設置

ジャングルの木の巨木

ジャングルの木の巨木画像
  • 苗木を2×2で4つ固めて植える
  • 苗木を植える間隔は5マス空けて6マス目
  • 高さの制限ブロックなし
  • 横の制限ブロックなし

ジャングルの巨木は枝分かれするので伐採が少し面倒くさくなります。特にこだわりが無ければトウヒの巨木がオススメです。

ジャングルの木の苗は他の苗と比べ、ドロップ率が低く設定されています。伐採後しっかりと回収しないと植林を継続できなくなるので注意してください。

黒樫の木

黒樫の木の画像
  • 苗木を2×2で4つ固めて植える
  • 苗木を植える間隔は5マス空けて6マス目
  • 高さの制限ブロックなし
  • 横の制限ブロックなし

黒樫の木は苗木1個だけでは育たないのが特徴です。少し変わった形で成長しますがそこまで面倒な枝分かれは少ないので、トウヒの巨木は高すぎて面倒な場合は黒樫の木で木材を集めるのもあり。

まとめ

今回は植林場と各種木の特性をざっくり解説しました。

大量に木材が必要なときはトウヒの巨木、色味で選ぶときは必要分といった感じで運用すればいいと思います!

苗木の回収は葉っぱが自然消滅してからドロップ→回収の流れになるので面倒ですが、水流で回収する方法などもあるのでまた半自動装置の記事ができたら掲載したいと思います。

それでは皆様、良きマイクラライフを!

-マインクラフト統合版